外国人

外国人も戸惑うマイン電車

年々増え続ける訪日外国人数、しかしそのほとんどが日本語の分からない方ばかりなので色々と戸惑うことも多いでしょう。それでも、訪日した外国人のほとんどは東京や大阪に滞在するわけですので、地下鉄の乗る機会も非常に多くなると言えます。

しかし、ここにきて日本の公共場所でのマナーが分からない外国人が痴漢の冤罪の対象になるリスクも大きくなって来ているのです。日本にはじめて来る外国人特に男性は軽い気持ちで日本の女性にタッチしてしまう傾向にあります。それは、外国人が持っている日本人女性への軽いイメージが原因なのです。

痴漢トラブルに巻き込まれる

ところが、日本に来たばかりの外国人になりますと日本の女性の実態をほとんど理解していないものですから、地下鉄などに乗って女性の横でそわそわしてしまって痴漢に間違えられることも多いでしょう。特のこのような外国人は日本語が分からないために何も言い返すことが出来ず、駅員や警察に突き出される可能性が大きくなります。

この場合に外国人は突然の状況にどうしてよいか分からずに、弁護士を雇うなどの思考回路は働くことがありません。上述のように言葉が出来ないのですから、日本人の知り合いなどが居ない限りは警察などにまともに対応できないでしょう。

よって、弁護士によれば日本語のできない外国人の場合は万が一の痴漢冤罪トラブルのために、日本語で『英語のできる弁護士を呼んでください』と記載されたカードを常に持っておくことで対応が非常にスピーディになるのです。