痴漢対策

女性の敵である「痴漢男」

女性の敵である痴漢は一向に減る気配がなく、残念なことに毎年多くの痴漢が検挙されています。しかし検挙され立件されるのはほんの一握りであり、女性が泣き寝入りするというケースがとても多いのが実情です。痴漢対策の最も有効な策は、痴漢に隙を見せないこと、そして痴漢行為そのものを抑止することにあります。

痴漢の多くは、満員電車や混雑した場所などの人の密度の高い場所に多く出現します。しかし痴漢はターゲットとする女性をあらかじめマークしてあとを追っているいることが多いものです。そのために、人の多いところに出かける場合には露出度の高い服装をすることを避けたほうが無難であると言えます。極端に短いスカートや生足姿、ノースリーブなどは痴漢に対してあまりにも無防備過ぎますので、長めのスカートをはく、またはジーンズなどのパンツスタイルにする、もしくは刺激の強い生足をやめてきちんとストッキングかタイツをはくなどという、特に下半身の服装についての自衛が必要です。

痴漢の防衛方法

下着が見えそうな服装は、痴漢にとっては格好のターゲットとなることを意識しましょう。また、どうしてもお洒落をして出かけたい場合には、なるべく電車を利用するのを避けて、タクシーで移動することも考えたほうが良いでしょう。痴漢対策として移動手段にかかるコストは下げないほうが安全です。

やむを得ず、スカート姿のまま電車に乗って移動する必要がある場合には、なるべく女性専用車両の利用がおすすめですが、女性専用車両のない場合や満員で乗車することができない場合に備えて、さまざまな痴漢対策グッズを準備しておくと安心です。例えばバッグに取り付ける痴漢防止ステッカーやワッペンを見せるようにするとか、不測の事態が発生した場合に大きな音で周囲に異常を知らせる防犯ブザー、または電気ショックを与える小型のスタンガンのようなものが市販されています。これらはそれほど高価なものではありませんので、複数用意しておきいざという場合に備えておくと安心できます。