サラリーマン

サラリーマンは要注意!

朝夕におけるラッシュアワー。一般的に地下鉄などはすし詰め状態になりますので、男女ともに入り混じった空間になることは間違いありません。この朝夕の通勤・通学または帰宅の時間帯は実のところ痴漢が最も発生する時間帯になりまして、同時に痴漢冤罪が最も発生しやすい時間帯だとされています。

特に学生とサラリーマンの組合せは非常に相性が悪く、女子学生と男性サラリーマン間には頻繁にトラブルが発生しているのです。さらに、女子学生は痴漢をされたことについて相手などを良く確かめもせずに痴漢だと叫ぶことも多く、サラリーマンの男性は非常に無防備なことも多くなるでしょう。

痴漢予防で気を付ける点

このような地下鉄内のサラリーマンは通常は本を立ち読みしたり、スマホを弄っていたりすることも多いのですが周りに対して非常に無防備なことも珍しくありません。そのため、急に女子高生・女子大生から痴漢呼ばわりされることも多く、男性サラリーマンもスマホなどに夢中で状況を把握していないために異常に困惑することになるのです。

弁護士によると基本的に女子学生の固まっているエリアに入って行く男性サラリーマンも非常に危険で、通常は窓側・壁側のもたれ掛かれる場所に位置を取るのが安全だとされます。また、基本的に両手を必ず吊り輪等に掴まれる位置に何とか移動して位置を確保するなど工夫をしなければならないのです。手が両方使えなければ痴漢も出来ない状況になりますのでそれを周りにも分からせてください。