エレベーター

マンションのエレベータは危険

かつては一戸建てに住むことも多かった日本人ですが、生活の利便性を考えてマンションに住む方も非常に増えて来るようになりました。マンションは管理人や防犯カメラも存在しているので比較的安全だとはされますが、意外に盲点となる危険性を持つ部分も多く存在しています。それがまさにエレベータとなるでしょう。
.
エレベータは所によってはマンションの人気が全くない部分に設置されている場合も多く、この場合はエレベータを待つ間に暴漢に後ろから襲われることも多くなるのです。暴漢によっては女性のハンドバッグなどのひったくり目的なこともありますが、女性を暴行するためだけに犯行が進められる場合もあります。

犯罪予防方法

マンションのエレベータは夜間においては複数人になることは極めて少ないので、犯人もそれを見越して誰らが何時に帰って来るなどの情報を把握しておくことも多いものです。こうなりますと、不特定多数の者を狙った痴漢よりもたちが悪く、殺人・傷害事件にまで発展しかねないほど恐ろしいケースになることもある訳です。

このマンションにおける夜間のエレベータ対策ですが、弁護士による安全対策としてはエレベータを待っている最中に後ろを良く注意をして行くと言うことです。エレベータ待ちの状況ではほとんどの人が階数表示を見つめているだけですので、後ろに対して以外に注意が散漫になっているでしょう。

少なくとも油断をしていなければ急に襲われる心配もありませんので、この場合に警告音を出すツールを持っておくと更に有効となります。